TOP / 入会・規約

日本古武道振興会規約 抜粋

(目的)

第3条

 本会はわが国の伝統文化財であり武士道精神の発露である古武道の保存振興に務めるとともに生涯教育の一端を担い人間の品性資質の陶冶及び青少年の健全育成、体力増進に寄与し、わが国の伝統文化を次世代に伝えていくことを目的とする。

(会員)

第5条

 本会の会員は次の区分によるものとする。

① 代表会員 当該古武道流派継承の本にある者で、日本国籍を有する者または日本国内に住所を有する者
② 流派会員 代表会員から一門として申請されて当会所定の会員登録簿に記載された者
③ 特別会員 会費として細則規定による年額を納入する者
④ 名誉会員 本会の事業に関して特に功労があった者または細則規定の金額を寄付した者

2 代表会員は入会時に細則規定の流派登録料を納入するものとする。
  会員は登録料を納入した流派以外の演武をすること、名称を名乗ることができない。

(入会)

第6条

 代表会員になろうとするものは、理事2名以上の推薦により入会申込書を提出し、審査担当常任理事の調査結果をふまえた常任理事会の承認を経なければならない。

2 前項記載の入会申込書は、次の各項目等につき説明し、かつ、資料を添付しなければならない。推薦状及び入会申込書については細則で定める。

① 流派の成立から当代までの伝承・系譜
② 先代から申込者に対する流派の免許・伝書等の授与
③ 申込者の入門から現在までの修業内容
④ 第5条1項1号に該当する旨

3 明治以降に成立した流派及び復元された流派の入会は原則として認めない。

4 江戸時代以前から併伝(単なる併修を含まない)された流派は之を併せて単一の流派とみなす。

(代表会員の受継)

第7条

 代表会員の資格は、第5条1項1号の要件を満たす他の者が受継ぐことができる。

2 前項の場合は、受継届を提出し、常任理事会の承認を得なければならない。受継届については細則で定める。

3 受継届には次の項目等を説明し、かつ、資料を添付しなければならない。

① 現代表会員から受継者に対する流派の免許・伝書等の授与
② 受継者の入門から現在までの修業内容
③ 第5条1項1号に該当する旨


日本古武道振興会細則

(年会費等の金額・規約第5条)

第1条

 規約第5条の年会費等については次の各号のとおりとする。

① 代表会員年 額3,000円
② 流派会員年 額3,000円
③ 特別会員年 額10,000円
④ 名誉会員寄付金100,000円
⑤ 新入会流派の登録料 50,000円
⑥ 代表会員及び流派会員の入会金 5,000円


(入会申込書及び推薦状・規約第6条)

第2条

 入会申込書は添付書式によるものとする。

2 推薦状は添付書式によるものとする。

(受継届・規約第7条)

第3条

 受継届は添付書式によるものとする。


制定施行、昭和53年11月3日
改正施行、平成14年12月10日、平成29年5月28日